iPad mini Retinaでちょっとメモする時にはやっぱり音声入力が便利だったりする

iPad mini

iPad mini Retinaで毎日必ずすることは日記(行動記録)の入力です。いろいろと紆余曲折があり結局Nebulous+Dropboxに戻ってきました。その他ブログの下書きはやはりEvernoteを使います。Bluetoothキーボードを使って入力することもありますが、何かを足してということは手間がかかるので、画面上のソフトウェアキーボードで打つことも多いです。Nexus 7 LTEのソフトウェアキーボードよりもiPad miniのソフトウェアキーボードの方がキーの間隔といい大きさが手に馴染むので打ちやすいですねえ。

と言っても一番簡単なのは音声入力です。日記は長く書きません。そんな場合には音声入力が楽なんです。その日に食べたものとイベント事を書き、家族のこともいつもと変わったことがあれば記入しておきます。そのくらいであとは簡単な1日の感想を書くくらいです。

20140202-233434.jpg

だから、寝る前一人の時間にボソボソとiPad mini Retinaに向かってつぶやいています。長い文章になると、頭の中で考えないといけないので、一旦音声入力をストップさせて考えないといけないのですが、日記ぐらいの分量であれば一気に話して入力することが可能です。ソフトウェアキーボードの方が打ち間違いが多いので、正確さというと音声入力の方が間違いが少ないです。

精度も非常に高いので十分実用的なiPad miniの音声入力。まだ使っていないならカレンダーの予定を入力する時に使ってみてはいかがでしょう。キーボードのマイクアイコンをタップしてみてください。思った通りに変換してくれるのでびっくりするかもしれませんよ。

あ、そうそう。『。』は『まる』と言ってください。『、』は『てん』と言ってくださいね。ちゃんと句読点も変換してくれますから。驚きです。