iPhone 5とiPad mini RetinaでiPhoto for iOSを使ってみたけれどこれはどうでしょう

Apple

今更でありますが、iPad mini Retina購入につき無料でダウンロード出来るiPhoto for iOSをダウンロードして2日間使ってみました。写真管理編集アプリとしては可もなく不可もなくという感じです。

201401251
iPad mini Retina内の写真をアルバム単位で見ることももちろん出来るし、1枚1枚を細かく編集することもできるのです。プロジェクトでwebジャーナル、スライドショー、フォトブックの作成が出来ます。webジャーナルというのが目玉かなと思ったのですが、「これは使わないな」と1回使ってみて感じました。

写真の編集はエフェクトの数も多いし、露出、カラーの変更も容易にできます。ブラシでの明度、彩度、ぼかし、シャープ等も直感的で面白いです。

スライドショーはスライドショーにしたい写真を選択しスライドショーの形式とBGMを選べば完成します。しかし、そのままスライドショーを動画形式でカメラロールに保存できずiTunes経由かiCloudにアップする方式です。iPad mini Retinaだけでスライドショーの作成が出来るのは魅力です。Macに持っていこうとするとつながないといけないのがやはり面倒といえば面倒かな。バックアップをとるときにしかMacBook Airにつなぎませんから。週に2回程つなぐだけなのでそこでデータを吸い上げてもいいんですがねえ。

iPhoto for iOSのいいなあと思った個所は写真の詳細を開くとファイルサイズを確認できるところです。なんでしょうねえ、ファイルサイズが確認出来ると変に安心出来るんですよ。

写真をさくさくとみることも出来て、編集も出来るしスライドショーもiPadで完結できる。でも使い続けるかといわれると、どうしようかなあと考えてしまいます。標準の「写真」で十分じゃないかなあと思ってしまうのです。それにiPhoto for iOSはアプリのサイズがでかいんです。スライドショーを1本作ったあとにアプリのサイズを確認したら500MBこえていました。これは大変だ。ここまで大きいと他のアプリで代用した方がいいかもです。

ということで、私はiPhoto for iOSをiPad mini RetinaとiPhone 5から外すことにしたのでした。