7インチタブレットはやっぱりSIMカードがささっていつでも通信できた方が威力が倍増

今日はしばらくぶりに一人で電気屋さんをゆっくりと歩いたので、いろいろな商品を見ることができました。もちろん移動は車なのですが、役立ったのがNexus 7 2013 LTE。Nexus 7 にはIIjmioのSIMカードをさしていますからLTE網をつかんでくれるので非情に快適に通信できるのです。

スポンサー リンク


iPhone5もSoftBankのLTEをつかんでいるときには速いのですが、3Gになると極端に遅くなります。Nexus 7 LTEの3Gをつかんでいる時の方が速いのではないかと思うくらいです。快適さでいうとNexus 7 LTEも負けていません。

Nexus 7 は運転中さわることはないのですが、今日購入したキーボードの情報を検索するのに駐車上で便利に使うことができました。iPhone5で確認してもいいのですが、画面が小さいし、せっかくNexus 7 LTEを車に積んでいるのだからと車にかえってNexus 7 2013 LTEで検索し、情報を仕入れてからヤマダ電機で価格を確認し購入ということもできました。

Wi-Fi版のiPad miniでもiPad Airでも、AndroidタブレットでもiPhone5のテザリングを使ってアクセスすればいいのですが、一手間かかるというのは意外と面倒になるものです。その点Nexus 7 LTEでChromeを立ち上げると即使えるというのは本当に快適です。iPad AirやiPad miniではセルラーモデルを購入するかSIMフリーモデル(海外から入手)でないとこんなことはできないので、Nexus 7 2013 LTEのコストパフォーマンスは高いなあと思います。

10インチ前後のタブレットでは持ち歩きに躊躇しますが、7インチであれば問題なく持ち運びができます。ポケットのなかには入らない場合はあると思いますが、コートのポケットには入りそうです。常に持ち歩くことができるならば、やはり通信できた方がなにかと便利なのだなあとあらためてこのNexus 7 2013 LTEの便利さを今日また実感しました。たぶんSIMフリーモデルのiPad miniでもこの感覚だと思うのですが、価格がちょっと高いですね。SIMフリー16GBモデルだと6万ほどかかります。6万あったらiPad Airの32GBが買えますからねえ。

ネットアクセスに重きをおいての外出時使用を月980円で運用したいという場合はNexus 7 2013 LTEはベストではないかと思います。まあ、Apple StoreでSIMフリーiPad mini発売してくれればまた状況が変わるかもしれませんが、価格の差はありますから。手軽にという場合はNexus 7 です。

スポンサーリンク

フォローする