寝る前75%のバッテリー残量のMacBook Airをスリープさせて目覚めると0%まで減っていて焦った

タイトルの通り昨日の夜75%バッテリー残量があることを確認して電源をオフせずスリープ状態で朝までMacBook Airには触らずにいました。朝起きてからMacBook Airを開くとスリープ解除になるはずなのに起きてくれません。あれ、電源落として寝たっけ?と考えましたが、いやスリープだったはず。おかしいなあと電源ボタンをオンすると・・・

スポンサー リンク


MacBook Airが立ち上がってくれません。

ACアダプタにつないで電源オンすると立ち上がってくれたのですが、バッテリーの残量が0%!ではありませんか。こんなことは初めてです。電源周りのトラブルは結構ありましたが、MacBook Airでは初めてですねえ。

とりあえず100%まで充電が完了するまでMacBook Airには触らず充電完了を待ち、それから次のような対処をしました。

『PRAMクリア』

PRAMクリアとはAppleのサポートの記事を引用させてもらうと

RAM(Parameter Random-Access Memory)と呼ばれる、コンピュータの少容量のメモリでは、OS X がすばやくアクセスできる場所に特定の設定が保存されます。保存される特定の設定は、Mac の種類、および Mac に接続されている装置の種類によって決まります。この設定には、指定起動ディスク、表示解像度、スピーカーの音量、その他の情報が含まれます。

というもので、PRAMクリアの方法は

1 MacBook Airのシステムを終了する。
2 MacBook Airの電源を入れる。
3 すぐにCommand + Option + P + R キーをすぐに押したままにする。
4 MacBook Airが再起動し、起動音が 2 回鳴るまで4つのキーを押したままにする。
5 キーから手をを放す。

参照 OS X Mavericks: コンピュータの PRAM をリセットする

PRAM をリセットすると、一部のシステム設定と環境設定がクリアされるので、ちょっと調子が悪いなあと思ったら最初にやってみる対処法になります。しばらくこれで使ってみてまだおかしな挙動をするようなら次の手を考えなければなりません。

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6
アップル (2013-06-11)
売り上げランキング: 2,314
スポンサーリンク

フォローする