iPhone5が「iOS 7」によって新鮮な感じに蘇るホーム画面周り

Apple

やっとiPhone5をiOS 7にアップデート完了です。見た目ももちろんフラットデザインによりシンプルになりましたが、タップした時の画面のアクションも随分とかわり新鮮な気分になりました。

先ずはアップデート完了して最初のiPhone5の画面がこちら
IMG_0714
そして完了のお知らせ
IMG_0715
スタートです
IMG_0716
まずアイコンを中心に淡い雰囲気になっています。フォルダのアイコン、アプリのアイコンをタップすると真ん中にぐーっと拡大してくる(せりあがってくるような)ようになります。iPhone5ではこの動きは実に滑らかです。引っかかるような感じはなくすーっと画面が動きます。
IMG_0718
ホーム画面からSpotlight検索を呼び出す方法がかわりました。ホーム画面から右にフリックでSpotlight検索を出していましたが、これがホーム画面を下にフリックすることでSpotlight検索がすぐ出来るようになりました。これは良いです。
IMG_0719
通知も変わりました。
画面上部から下にスワイプは変わらないのですが、最初に「今日」の通知がでます。大きな日付の下に
「現在の天気は......」
と天気概況が表示されます。天気は設定から位置情報をオンにすると通知されるようになります。
そして
「本日の最初の予定は・・・・・」
とカレンダーの予定が表示され、その下には今日のカレンダーが表示されて予定が一目瞭然になります。
IMG_0720
この通知はロック画面でも確認出来ます。通知の設定は通知センターから好みに応じて変更することが出来ます。これはいいですね。「明日の予定は.....」と明日の予定の確認も通知から出来るので非常に便利です。

ホーム画面のアンテナのピクトアイコンが●になっている部分もなんとなくかわいい雰囲気を醸し出しています。アップデートが開始される以前のiOS 7の各画面のキャプチャーを見るとちょっとフォントの線が細いかなあ、フラットデザインになると各画面の区切りの部分の線が細くなっているようだったので見にくいかなあとちょっとだけ危惧していましたが、実際にiOS 7を使ってみるとそんなことは無駄な心配だったなあと思います。全体的に心配する程の切り替え時のもたつきもなく、アプリも今まで同様に素早く立ち上がります。アプリによってはiOS 6の時よりもきびきび動くものもあったりと全体的な感想としては「いいんじゃないiOS 7」というところです。

iPhoneもいいけどWindows PhoneやAndroidもいかもしれない、フルに回線を使って動かせるAndroidマシンを手に入れようかと最近考えていましたが「待てよ、iOS 7のアップデートがどんなものかを見て、Androidマシンを手に入れるかどうか考えよう」となんとかストップをかけていたのですが、iOS 7を体験してみて「やはりiOSだな」という気分です。

Macをメインに使っていてデータをiCloudで管理している現状では、Windows PhoneやAndroidをメインモバイルマシンにもってきてもデータをうまく使い回すことが出来ないし、このiOS 7の感覚を体験するとiOS 6に戻すことはできないなあと思いますし、総合的な使い勝手は自分にとっては心地よいものなんだなあとしみじみ感じるのです。

先頃のiPhone 5c,5sの発表で革新的なものがでなかったということで、少し落胆した方も多いと思います。箱の部分も大切です。でも使い勝手の良いOSを地道にアップデートするということがなにより今後は大切なのではないかと思います。Appleの製品を使うときに感じる「心地よさ」を今後も我々に提供してほしいと思います。その意味でiOS 7は使っていて心地よいです。iOS 7も地道に進化しているという印象です。