iPhone4SのWi-Fiのつながりが悪くかつバッテリーが使っていないのに激減するときの対処法としてやってみたこと

iPhone

奥さんのiPhone4SのWi-Fiのつかみが非常に悪いのです。Wi-Fi設定がオンにもオフにもならないグレーになっちゃうこともしばしばで、これは時間をとってなんとかしないとと思っていたのです。

それでWi-Fiの設定の改善にむけて行なったことは以下のことです。

●iTunesにつなぎバックアップ→復元 をする
この方法はiPhone内部の空き容量を圧迫しているその他のサイズを減少させることには有効ですが、設定自体がおかしいので、はたして改善するのかどうかは若干不安なところなのですが、とりあえずやってみました。時間はかかるのもも復元すると元の通りになるので復元後に即使用可能です。

その結果、Wi-Fiの設定はグレーにならずちゃんと設定出来るようになりました。しかし、しばらくするとまたWi-Fiをつかみません。3Gのまま。Wi-Fiの設定画面を見てみるとネットワークを選択という表示のまま、ぐるぐると探し続けています。仕方がないのでWi-Fiでの使用をカットし3Gだけにしました。

ここまでが昨日の午後の話。

今日仕事から帰ってきた奥さんが「朝90%あったバッテリーが昼の休憩時間には半分くらいになっていて、帰るときには20%をきってたんだけどなんかおかしいよ」と言います。見るとバッテリーの残りは10%。これは完全に変だ。

ここで一番友好的な方法は完全に工場出荷状態に戻し、復元をせずに新しいiPhoneとして登録し同期設定を一から構築するという方法です。

しかし、この方法だとメールのデータが復元できません。iMessageのデータも。iMessageのデータは家族間のやり取りなので、できれば残しておきたいし、メールのデータもそうです。

そこでこの方法をとらずに試したことは以下のことです。

●「すべての設定をリセット」を選択する
すべての設定をリセットというとなんだか復旧が面倒な雰囲気ですが、このリセットを行なうとこれらの設定がリセットされます。
IMG_0709

IMG_0710

壁紙
WiFi設定
位置情報の設定
明るさ
使用状況のバッテリー表示設定
着信音などのサウンド設定
Spotlight検索の設定
機能制限
キーボード設定
メール/連絡先/カレンダーのデータ取得方法と署名と連絡先の表示順序

などのようです。

「すべての設定をリセット」を実行後にまずWi-Fiの設定をしていきます。今までにリセットの項目の中の「ネットワーク設定をリセット」は何回もトライしていたのですが、改善されませんでした。「すべての設定をリセット」後、Wi-Fiの設定をし直すと...

いいじゃないですか、つかみますよすぐ。小一時間ほどたっていますが、再起動させてもすぐにWi-Fiにつながるようになりました。

つぎの問題点はバッテリーの持続時間です。今現在は1時間程ちょこちょこ使ってで2%の消費なのでこのままであれば改善されるのではないだろうかという希望的観測です。明日朝になってみないと分かりませんが、これでだめなら最悪フルリセットで新しくiPhone4Sを登録しなおさないといけませんから、それだけは避けたい。

このまま問題なく朝をiPhone4Sが迎えることを祈りながら寝ることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhone
2480GADGET