Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

iPhone 映画 読書

容疑者Xの献身を観たのです

投稿日:

テレビの映画番組で「容疑者Xの献身」を見ました。今まで3回見たような記憶があるので、今日で4回目かもしれません。何回見ても泣かせる映画です。俳優 堤真一 第32回日本アカデミー賞優秀主演男優賞および優秀助演男優賞を受賞した作品なので見応え十分なのです。この人は凄いですね。

スポンサー リンク


「容疑者Xの献身」の原作も2回読みました。東野圭吾さんの作品は今本棚の中をざっと見回すと7冊ほどあるのですが、その中では一番好きな作品です。

そして、金曜日の午前中に時間がとれたので、奥さんと一緒に「真夏の方程式」を観に行きました。これまた最後に泣かせる演出で2時間ちょっとがあっという間にすぎてしまいました。岸谷くんの化粧がいつもと違った感じがしたのと、栗林さんが出てこなかったのが残念ですが、非常に面白い作品でした。観終わってからスカッとする映画では決してないですし、問題を投げかけられたような気がしますが、お勧めしたいと思います。

さて、真夏の方程式の原作はまだ読んでいなかったのでiBooksにあるかどうか調べてみました。すると、iBooksには残念ながら東野圭吾さんの作品は全然ありません。まだまだ作品数が少ないですねえ。

そんな時はAmazonのKindle版の作品を探して見ましょう。iPhone5でAmazonのKindleストアにアクセスして検索を開始。

あらら、東野圭吾さんの作品をはKindleストアにもありませんねえ。残念。

実はKindle Paperwhiteを買おうかなあとちょっと前まで思っていたのですが、まだKindleストアに読みたい作家さんの作品が出揃っていないようなので、これまた見送っているところです。

やはり電子書籍は読みたい作家さんの作品が揃っていないとね作品の数は時間が解決してくれると思いますので、気長に待ちますか。

容疑者Xの献身、スクリーンでもう一度観て観たいなあ。

容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 372


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-iPhone, 映画, 読書
-

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.