4年分過去の日記テキストデータをMac miniのDay Oneにインポートする方法

Appライフスタイル

日記(行動記録)をつけた日数は本日で1,395日です。2009年3月からつけ始めました。途中で抜けている日もありますが、5年目を迎えました。

iOS版のDay Oneを使い始めたのが2012年9月29日からです。そのあとMac版のDay Oneも購入して今に至るという状態です。2009年3月からの行動記録のテキストデータがあったので、このデータをDay Oneにインポートしないとと思っていたので、昨日と今日の午前中のあいている時間をちょこちょこ使ってインポートしてみました。

インポート出来るファイル形式は「MacJournal形式(テキスト)」と「Momento形式(テキスト)」と「テキスト」の3種類です。日記(行動記録)のデータはテキストデータなので、これを多少整形すればインポート出来るようになります。
201305162
インポートするためには形式を例えばこのようにしなければなりません。
「 Date: 2012年9月1日 12:00

日記(行動記録)のデータは冒頭の年月日の書き方が3種類ほどのパターンなっていましたので、これを検索置換で書き換える必要があります。

Mac miniのmiを使って検索置換をしていきました。この作業に時間がとられました。書き出したバックアップデータの文字コードはUTF-8、改行コードはLF(UNIX)になっていたので、その形式で保存しました。

時間、そして時間のあとの改行2回がないとインポートしてくれません。親切なのはインポートできない場合はその箇所を教えてくれるので、miで開きなおして正しい形式になおしていき、またインポートします。

これを繰り返してなんとか4年分のデータをDay Oneにインポートすることができました。

価格: ¥450 (記事公開時の価格です)
カテゴリ: ライフスタイル
App Storeで詳しく見る
価格: ¥850 (記事公開時の価格です)
カテゴリ: ライフスタイル
App Storeで詳しく見る

Day Oneでは画像データも1日1枚アップロードすることも出来るのですが、テキストデータ中心にするために写真のデータはすべてDay OneをシンクロしていたDropbox上のフォルダから削除しました。写真データはiPhotoにもあるので2重になっていたので、写真データはiPhotoに集約です。

Day Oneは検索機能もありますから、気になることは検索をかければ5年間の中のデータから引っ張り出してくれます。Day Oneを使い出した2012年9月からの天気データも位置を記録しておけば自動で収集してくれています。これがときたま役にたつのです。

iPhone5、iPad mini、Mac miniでDay Oneを使っていますが、日記(行動記録)をつけるアプリは今のところDay Oneがベストです。
201305163
日記データもほぼ毎日つけて1395日。日記をつけ続けるコツはとにかく習慣化にすることしかないですね。1行でもいいので、その日にあった出来事と感想を書くことです。2、3日書かない日があったときは、Mac miniのカレンダーを見て、あとから思い出して書くようにしています。少しでも書いて空いている日をなくすようにします。Day Oneの表示をカレンダーにすると書いていない日が白抜きで表示されますし、書いていなかったら通知してくれますから、書かないとという気持ちを助けてくれます。

あとはDay Oneのデータのバックアップを週に2回ほどとっておけば安心です。