CameraKitを使ってiPhoneのスクリーンショットをブログにアップするまで

App写真ビデオ

iPhone5のスクリーンショットを撮って当ブログにものっけるのですが、その時に活躍しているのがCameraKitです。

iPhoneのスクリーンショットはファイル形式がjpegではありません。pngなのです。jpegでファイルをアップしたいので、スクリーンショットの画像を変換する必要があります。そのときに使うのが『CameraKit』です。

スクリーンショットはカメラロールに保存されるので、CameraKitを立ち上げ、変換したいカメラロール内のスクリーンショットの画像をCameraKitに読み込ませます。

201304153
現像をタップしてエフェクトの種類を選択します。フィルムの種類、ソフトフォーカスの値等を選んで保存します。カメラロールに保存された画像はファイル形式がjpegになるのです。

あと、CameraKitを使っていったん保存し直すのは『署名をつける』ということもあります。署名はホワイトの文字で画像に入ります。背景が白っぽい画像だと署名は目立たなくなってしまうので、文字色をかえられないのは残念な点ではありますが、署名をつけることが出来るという点は高評価です。

201304152
画像サイズも低いものから高いものまでの設定も出来るし、真四角での切り出しにも対応しています。オリジナルの画像も同時に保存する設定も出来ますのでエフェクトなしで使いたいという場合でもOKです。

OneCamを常用のカメラアプリにしているのはCameraKitに比べて保存が速いからです。CameraKitは保存のアイコンをタップして保存先を選択しなければならないのですが、OneCamは撮ったら即カメラロールに保存してくれるのでスナップショットにはなくてはならないアプリなのです。

しかし、ちょっとした写真加工を簡単に行えて署名も入れることができるCameraKitはiPhoneやiPad miniだけでブログの更新をするときには必要なアプリです。

スクリーンショットを撮る

CameraKitに読み込む

サイズを設定しエフェクトをかける

カメラロールに保存

WordPressのアプリで記事に貼り込む

こんな感じで使っています。

価格: ¥170 (記事公開時の価格です)
カテゴリ: 写真/ビデオ
App Storeで詳しく見る
iPhoneでいい写真を撮る魔法のテクニック (エクスナレッジムック)
名鹿 祥史 本田 光一
エクスナレッジ
売り上げランキング: 95,640