速さは正義也?iPhone5のLTEの速さに慣れるともう戻れない

iPhone

20130123
 自宅はLTE圏内ではないのである。でもSoftBankの3Gは、数年前アンテナ1本であったころから考えると現在はバリバリの5本。生活圏内でiPhoneが圏外になることはなくなり快適に毎日過ごしているのです。

 自宅はLTEの圏内ではないけれど、買物に行く店舗等立ち寄る箇所はLTE圏内であることが多いので、LTEの速さに慣れ始めているのです。それはb-mobile980円SIMをさしているP-05Dをたまに外出時に使うときに身にしみて感じる速度の遅さで実感するのです。 FlipboardをP-05Dで使おうと思うと読み込みに時間がかかるかかる。待っていられなくてiPhone5を出してFlipboardを立ち上げることが多くなり、P-05Dはカバンの中にという結果になるのです。

 それはGPPで使うiPhone4Sでも同じこと。P-05Dよりは速くFlipboard読み込みが完了しますが我慢して使うというレベルだと感じてしまうのは「慣れって怖い」ということです。iPhone5のLTEを日常的に体感出来ない環境ならb-mobileのSIMでもまあこんなもんかと思えたと思うのですが、対LTEだとねえ。

 1/1から自宅のネット回線も50MbpsのホワイトBBにYahoo!BB 8Mbpsから切り替えたので自宅の回線も今までと比べると3倍程の速度が出るようになったのも大きいのです。

 いやあ、もう遅い回線には戻れませんな。自宅は何年待っても光が通らない模様なので現在のネット環境が最速になりそうですが、光でなくても十分速いと感じます。ほんと慣れって怖い。b-mobileは解約かな。P-05Dで使うほか、iPhone4S+GPPでテザリングまでできるけど、実用という部分では使い道がなくなってしまったなあと。iPhone5のテザリングも快適だし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhone
2480GADGET