自前のテキストデータをiPadやiPad miniで青空文庫のように読む方法

iPad


iPhone、iPadで青空文庫を読むためのアプリはたくさんあります。私が常用しているのがi文庫HDです。本棚には多数の作品が最初から入っていますので、気軽に読書をすることができます。

私が持っているKindleは日本のストアで購入が出来ないので、青空文庫に収録されている作品を読もうと思うとPDF化して読むしかありません。作品をPDF変換するために、本当にありがたく使わさせていただいているサイトが
青空キンドル [Beta]さんhttp://a2k.aill.orgです。
青空文庫 のテキストを、Kindle で快適に読めるような PDF に変換するサイトです。

iPhone、iPad、iPad miniなどは青空文庫はアプリを使えば読むことが出来ますから、ここでは自分で打ち込んだテキストデータを青空文庫リーダーのi文庫HDで読むことができるような縦書きのPDFデータを作ることに挑戦してみます。

■利用するサイト
青空キンドル [Beta]http://a2k.aill.org/text.html

青空文庫のテキストを Kindle で読みやすい PDF に変換する 青空キンドル が自前のテキストデータを使って変換出来るようになりました。

こちらのサイトを使わさせていただきます。

■変換方法
青空キンドル [Beta]http://a2k.aill.org/text.htmlのサイトを開き、変換したいテキストをコピーしてサイト内のフォームにペーストします。1行目がタイトル2行目が著者名そのあと2行あけて本文という形式にします。あとはPDF化というボタンをクリックすれば変換を開始してできたPDFデータはダウンロードフォルダにダウンロードされます。以前書いた記事「iPad miniを2日間使ってみての雑感-大きさと重さについて-」の内容をコピーして変換してみました。

文字サイズを3つのサイズから指定します。Kindleなら大で私は変換するのですが、iPad mini用には小でOKでした。

二段組みで変換することもできます。

■メールで送信
出来たPDFのデータはiTunes経由でもiPad等に流し込めますが、出来たデータをメールでiPad miniに送ってみました。iCloudアドレス宛に送っておけば iOSのデバイスすべてに届きますからケーブルでいちいちつながなくてもいいかなと思いまして。

■添付した変換データをi文庫HDで読む
iPad miniでメールを受信すると添付のデータに変換したデータがあります。その添付データを長押しするとどのアプリを使って開くかが選択できますからインストールしてある「i文庫HD」で開くようにします。そうするとi文庫HDで自前テキストデータを小説を読むように読む進めることができるようになります。語句を選択することで辞書を使うことも可能になります。

■自分で小説を書いている方などは使える方法です
自分で小説を書いている方は、自分の作品を変換してi文庫HDで読むと感慨深いかもしれません。縦書きで自分の文章が表示されるだけでもある種の感動があります。

■Kindleアプリでは
メールで添付されたデータはKindleアプリでも開くことができます。しかし、縦書きの場合Kindleアプリでは文章を読み進めるときの開き方が逆になりますので使えません。日頃自分が使っているi文庫HDで読むのが気持ちいいです。

※Kindleでは読みたい青空文庫の作品を変換して入れておき、時間が空いているときに読んでいます。iPad miniでは自前のテキストデータを縦書き表示させたいものを青空キンドル [Beta]さんhttp://a2k.aill.orgで変換して読んでいます。便利なサイトをありがとうございます。