iPad mini Wi-Fi 32GB – ホワイト&シルバー予約完了!

Apple


10月26日の午後4時すぎに「iPad mini Wi-Fi 32GB – ホワイト&シルバー」の予約を完了しました。配送予定は11月2日。発売日当日に届くようです。

少々動作が重くなった初代iPadはインストールしているアプリを絞り込んで、WEBブラウザーと写真、動画の閲覧専用マシンとして使うようにしようと思います。

さて、iPad miniを予約したのは、前記事の通りであるのですが、絶妙な大きさのiPad miniを使いたいという気持ちを押さえることができなかったのですねえ。まあ、いずれにしろ初代iPadの後継機は購入するつもりでしたから想定内といえばそうなのですが。

iPad miniを導入するにあたり、実行したことがあります。

予約したiPad miniのモデルはWi-Fiオンリーのモデルです。iPad mini Wi-Fi + Cellularモデルはパスしました。2年縛りを避けたかったからです。回線を契約すると2年以内の解約には違約金がついてきます。ただでさえ本体代金が高い上に、解約時に1万円弱支払わないといけないのは痛い。来年2台目のiPad miniがでても気軽に乗り換えられないし。よってWi-Fiモデルを選択。

容量は32GB。初代iPadも32GBであり半分ほどしか現状使っていないので64GBを選択する必要はないと判断したためです。

カラーは今までiPhone、iPadともブラックを選択することが多かったのでポップなホワイトにしてみました。

iPad miniはメインのモバイルマシンとしてフル活用する予定です。そのためにはモバイルルーターが必要です。新たにそろえてもいいのですが、htc EVO WiMAX ISW11HTがありますから、プランを変更して11月から定額のプランに。プランSS+ダブル定額で800円ちょいでEVOは維持していましたが(毎月割りが大きい時期に一括0円で購入していたのが効いています)これをプランFにします。月4200円くらいに維持費はなるかなあ。

iPhone4SはG’zOne Type-Xに切り替えます。毎月割りを維持するためにはプランの変更なしでSIMだけを再発行することをauショップの方に提案いただきました。しかしそれだとトータルの維持費が倍になるので、iPhone4Sの回線はG’zOne Type-Xに戻しプランEにしました。メールし放題で780円+315円です。

iPhone4SはiPad miniが到着後に売却し、iPad mini代金の一部にしようと思います。iPhone4はiPhone4Sよりかちっとした作りが気に入っているので、今まで通りiPod touchのように使います。

11月2日からメインのマシンはiPad mini。通話とメールは今までのケータイを使い、それ以外のことはiPad miniでするという方向で使いこなしていこうと思います。