iPhoneで日常の風景を文章と写真で切り取る

Apple

Dropbox上の日記(行動記録)は2009年3月から始まっている。それより以前の日記はシグマリオン2で書いていたけれど、何がきっかけだったかは覚えていないが、1年ほど書いた日記をすべて消去してしまった。

現在また日記を書きだして、本日で3年7ヶ月ほど書いていることになる。書いてはいるけれども、読みなおすことはあまり無く、たまに「えーっと、あれはいつだったっけ?」という場面に遭遇すると、Macのカレンダーと日記を検索して目的の出来事を見つけるということに使うのである。

読み返さないのは、日記はテキストの羅列なので見るということに面白みが無いからである。

しかし、iPhone4SとiPadとiPhone4とMac miniでDay Oneを使うようになって、日記が面白くなった。それはどうしてか。

それは、写真をとったり、写真のライブラリのデータから写真を引っ張ってきて画面に表示させることができるからだ。

Day Oneのタイムラインを見ると、写真と文章が一度に確認できる。これが面白い。写真は1日1枚だけ貼ることにしようと決めているので、iPhoneのカメラアプリOne Camで気になる場面をとっておいて、これは面白いという写真を1枚選びDay Oneに貼り付けるのである。

文章だけでは思い出せないことも、写真のデータであれば、より鮮明にその場面を思い出すことができる。毎日毎日写真をとって文を書く。1年後に見返し読み返してみると、なかなかおもしろいデータになりそうだ。

iPhoneでもiPadでもMacでも続きを書くことができ、写真を差し替えたりすることができる。この点が素晴らしい点だと思っている。Windows用のDay Oneを出していただければ、迷うことなく購入するのだが。Windows版があれば、今使っているすべてのマシンから日記を更新したり、写真を貼ったりできる。そうなればより楽しい日記生活になりそうだ。

日常を切り取るDay Oneは今一番のお気に入りのアプリだ。このアプリをどこでもより快適に使いたいがためにMacBook Airが欲しくなっている今日この頃だ。

Day One – Journal
開発: Bloom Built, LLC

日記をつけるためのアプリです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleiPadiPhone
スポンサーリンク
2480GADGET