iPhoneでTo Do管理的にメモを使う『STIMO (付箋×時間管理×メモ)』

App仕事効率化


iOS 6にうまく対応していないSpeedText。さっと手書きメモでToDo管理をすることができなくなりました。代わりのアプリを探していましたが、なかなか良いアプリがありました。

『STIMO (付箋×時間管理×メモ)』です。

●サッと使える6色の付箋
好きな色の付箋をドラッグするだけですぐに貼付けられます。貼付けと同時に入力モードになるので、最小限の動作でメモできます。また、テキストの改行に合わせて付箋が大きくなるので好みのサイズに調節可能です。
●用途によって変えられる背景
背景のパターンを変える事によって、タイムスケジュール帳、メモ、ToDoなど、オリジナルにカスタマイズして使う事ができます。画面は全部で8ページあり、それぞれ違う背景を設定する事が可能です。

SpeedTextを使っていたときはAM,PMで区切って何をするかを考えていたのですが、『STIMO』は背景のパターンをかえることでおおまかな時間設定が可能になります。1枚目には午前、2枚目には午後、3枚目には夕方以降という具合に背景を配置すれば時間軸に沿って付箋をはることができます。

こんな感じです。

単純にメモとして使う場合は1枚目に時間軸がついていないプレーンな背景をもってきて、付箋を貼っていけばいいと思います。

付箋の移動は付箋を軽くホールドしてからドラッグします。付箋の削除は付箋を長押しして×ボタンをタップすればOK。付箋の文をかえたいときは付箋をダブルタップすると編集することができます。付箋の移動は一画面だけではなく、2枚目3枚目の画面を移動することもできます。

(iTunes開きます)

『STIMO (付箋×時間管理×メモ)』は時間管理というよりも大まかな流れを確認するToDoメモという使い方が向いているかなと思います。手書きでメモというわけにはいきませんが、SpeedTextでやっていたToDoの部分は置き換えが可能だと思います。しばらく使ってみようと思います。