Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

Apple iPhone

iPhone5がついに発表されましたね!午前3時半に確認しました

投稿日:


ついに発表されました、iPhone5!
iPhone5 auで検索して当ブログにお越しいただいている方が半端ない状況で、すごい盛り上がりなんだなあと変なところで感心したりしています。

朝からテレビもiPhone5を取り上げていて、関心の高さが伺えます。

デザイン面はリーク通り。4インチの画面は魅力があります。幅は変わらず縦に9mmほど長いデザイン。アイコンが1列増えているのが特徴でしょうか。確かに情報量が増えますから、ますます情報端末としても機能アップしてきました。

幅が変わらないというのも良い点だと思います。近頃のスマートフォンは肥大化していますから、片手で持って何かするという次元ではなくなっています。EVOの4.3インチでも手が小さいせいもあり、画面上部には片手では親指が届きません。iPhone4Sならば無理なく届くので、iPhone5でもギリギリ大丈夫かなあと思っています。縦長は実機を見てみないとわかりませんが、最初は違和感を感じるかもしれません。でも、すぐに慣れてしまうでしょう(^^;

スポンサー リンク


デザイン面では事前に情報が出ていたので、驚きはしなかったのですが、重要が軽くなって112gというのにはびっくりしました。薄さも1.7mm減で7.6mm!ジーンズの後ろポケットに入れて大丈夫なのだろうかと心配になるほどの薄さでしょう。

背面の素材がアルミになっています。これが軽量化に貢献したのでしょう。今日朝テレビでiPhone5を持ってリポートしている様子を見ていたのですが(実機ではなくパーツを組み立てたもののようなことを言っていた気もするのですが)、背面のアルミの部分が少し凹んでいました。アルミですからね、コツンとカドに当ててしまったら、ヘコむこともあるかもしれません。これは、外装保護のために何かしらの対策が必要ですね、私的には。

バッテリーのもちも通信時については1~2時間長くなっています。ヘビーユーザーには嬉しいところですね。コネクタも上下関係なくさせるものを採用しているので、これもあって薄さとバッテリーの持ちを伸ばすことができたのではないかと推測できます。コネクタの形状が変わったので、今までの周辺機器が刺さらないということを解決するために、アダプターもすでに用意されているようです。この分だけ出費が必要ですね。
(※追記:薄さはディスプレイとタッチセンサーを一体型にしたことによるもののようです)

あとは「Apple EarPods with Remote and Mic」というものにイヤホンも変わりました。自分的には従来の形状のものが好きなので、これは使わない気がするのですが、普段からカナル型を使っている人にはワクワクさせる部分かもしれません。
(※追記:カナル型とは形状が違うようですね。実際に付けてみると意外にフィットするという意見をTwitter上で見かけました)

チップも高速なものになっています。現状iPhone4とiPhone4Sを毎日使っていますが、遅いという感じは受けないので、この部分はそんなに考えなくてもいいのかもしれません。速いにこしたことはありませんが。

総合的に見て、非常に魅力的な端末のようです。日本で対応するのか懸念のLTEですが、これが対応し、テザリングなんかができちゃったりすると、一気にiPhone5に乗り換える人が多そうですね。そういう私ももし、テザリングが解禁されて、料金的に納得いくものであれば、EVOを機種変しようかと思うくらいですから。

さて、予約は明日から。私はしばらく情報が出そろうまで様子見ですが、明日仕事を休んで予約しに行っちゃうぞ!という方々、健闘をお祈りします。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Apple, iPhone
-

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.