iPhone4Sで音声入力機能を使ってライフログを

Apple


2009年の3月から今日に至るまでほぼ毎日、日々あった出来事や行動記録を書いています。ファイルはDropbox上に保存していて、ネットにアクセス出来る端末さえあれば機種を問わず記録出来るようにしているので、なんとか続いています。

iPhone4でも記録することもあったのですが、やはりフリックにしろフルキーボードにしろまどろっこしい部分があり、結局キーボードがあるMac miniやG570、ポメラDM100で入力することが多かったように思います。

この度iPhone4Sを手に入れたので、音声入力機能を使って行動記録をつけることにしました。

テキスト入力をするときにはキーボード上にデフォルトでマイクのアイコンがあり、ここから音声入力がいつでも出来るのは便利です。懸念の変換精度ですが、思いのほか良いのにびっくりとしました。

これならば、十分使えます。iPhone4Sを入手してから行動記録はiPhone4Sのみでつけています。誤変換等気にせず、何かあればiPhone4Sにつぶやいて入力。寝る前に誤変換を訂正してDropbox上にアップということをしています。入力はメモに、メモの内容をコピーしてNebulousを立ち上げ文章の更新。キーボードを前に構えることがないので、今まで以上に気ままに入力出来るようになりました。

すごいですね、iPhone4Sの音声入力。iPhoneでのテキスト入力は音声入力がメインになりそうです。