今更ながらiPhone4Sという選択

Apple


前記事ではiPhone5に移行するパターンを書きました。いろいろと駆使することにより、自分の環境ではSoftBankのiPhone契約で4298円で最初の1年間維持出来るということが分かりました。

更に維持費を安くするための方法として、iPhone5を契約するのではなく、今更ですがiPhone4Sを契約するという方向も考えてみます。現在私が使っているのは回線を解約したiPhone4です。EVOをルーターにしてiPhone4はネットにつないでいます。

ネット上の情報を見てみるとauは16GB,32GB,64GBもMNPで一括0円というショップも発見出来るのですが、SoftBankの場合は16GBの一括0円というのはあっても32GB,64GBの一括0円は見つけることができません。16GBの一括0円もWifiルーターの契約があったりと制約があるのも多いですね。

それならば近所のショップをのぞいてみたのですが、SoftBank iPhone4Sの16GB一括0円は見つかりました。ただし、みまもりケータイ2の契約が必須条件ということでした。みまもりケータイ自体は維持費はかからないのですが、2年契約なので解約時期を考えないといけません。

まあとにかくSoftBankのiPhone4Sをいろいろオプションなしの純粋一括0円で契約すれば、以下のような維持費になります。

ホワイトプラン 980円
S!ベーシックパック 315円
パケットし放題フラット 4,410円
ユニバーサルサービス料※1 3円
月月割 -1,920円
合計 3,788円

9月30日までならのりかえ割で980円マイナスになるので2808円、これにスマホBB割がうまく適応されれば430円マイナスで2378円!

2378円で2年間使える計算です。2回線分でも4756円!通常契約の1回線分よりも安い!

考えますねえ。iPhone4SはiOS6の対応機種。2年くらいはなんとか活躍してくれるでしょう。一括で購入しているので、もしもしばらく使ってiPhone5に機種変更するにしても割賦の残金はなしの状態で有利。

とにかくランニングコストを抑えることが一番で、iOS6も堪能したいという場合はiPhone4Sをあえて契約するという手もあるなあと考えたのでした。奥さんの調子が悪いauのケータイ、iPhone4Sにするかなあ。