2007年使用Gadget総決算

はや今年も終わりです。
本年もいろいろと電脳ものを使ったような気がします。
携帯はW51Hに機種変更しました。特にとがったところもない端末ですが、あきがこない端末のような気がです。特に変えようという気もなく今にいたっています。
W51Hの液晶サイズと画素数は威力があります。多少厚いボディと特に面白みのないデザインはマイナスポイントですが、長く使える端末だと思います。

スポンサー リンク

PDAはシグマリオン、そしてesを購入するも本格的に稼動させるにいたらず。
PC関連はそれまで使っていたiBookG4 12inchは売却、その代わりにVAIO typeMを購入。その後iBookG4 14inchを購入するも、液晶のトラブルで手放しました。その間、ThinPad X21を購入。現在は息子に貸与中。
WillcomはSiiのCF型カード端末を復活させたものの現在はAX520Nに落ち着き、WX310Kも復活させ、iBookG4のモデム代わりにしていたのですが、現在は息子に持たせています。
そして、主力の端末はPanasonic CF-R1です。
これはコンパクトな本体サイズと1kg未満の軽量さから常に持ち運ぶことができることが大きなポイントです。中古で使用感バリバリではあるもののAX520Nをさしてのネット接続で3時間程度可能なバッテリの元気さがより持ち運ぶ機会おw多くしています。
また、コンパクトサイズながらそこそこ打てるキーボードとXPがのっていることでデスクトップと同じことができるという安心感が絶妙です。
Mac系はiBookを手放してしまったので現在はCDを吐き出すことが不可能になったiMacDVがあるだけです。ポータブルマックには期待しつつも、現状CF-R1でなんとかなるかなあという気になっています。
ということで年末12月になり、思わぬモバイルマシンCF-R1を手に入れたことによりすっかりモバイル環境が整いつつあるという2007年でした。

スポンサーリンク

フォローする