夢が実現するか?WWDC 2007

Appleinsiderによると今までのポータブルMacの中でも一番小さなモデルをWWDC 2007の頃に発表するのではないかということです。
Apple to re-enter the sub-notebook market
Macユーザーにとって衝撃的だったPowerBook100。ノートブック型初期モデルの原形を作ったとも言えるトラックボールを搭載し、当時としてはコンパクトなボディで興奮したものです。そのあとDuoシリーズはあこがれでした。その流れを受けPowerBook2400がIBMと共同で開発されてから以降2kgをきるマシンは一向に出る気配はありませんでした。
小さなマシンを求めるMacユーザーはWindowsサブ(ミニ)ノートをセカンドマシンとして使っているパターンが多いはずです。
iBookを日常的に持ち運んで使っていると、大きさ重さは慣れてきます。しかし、小さなマシンが欲しいという欲求は常にあります。それが実現に向けて動いているという情報が
Apple to re-enter the sub-notebook market
の記事です。
液晶サイズも小さくなる反面コンパクトさは今までのどのMacノートブックより小さくなり。起動時間の短縮、そしてバッテリ駆動時間をのばすためにNANDフラッシュメモリを搭載する予定ということで、期待は高まります。
背景には日本のMacの販売台数をのばしたいという思惑があるようです。やっと気づいてくれたかという感じもしますが、現状サブノート、ミニノートは1.5kg-1.0kgが平均的な重量だし、サイズもB5前後なのでこのあたりをターゲットにしてくれるとうれしいです。
また、今までCD,DVDドライブをすべてのモデルに搭載していたものをサイズや重量の関係からドライブは搭載しないということからも、サブノートではなく「Macmini」というミニノートを作って欲しいと願っています。
毎週現金30万円!最高300万円が当たる超高確率無料ロトくじ懸賞サイト♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mac
2480GADGET