あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
さて、暮れの慌ただしさを抜け、31日はゆっくりと「紅白」を見て、そのあと「ゆく年来る年」を見ながら新年を迎えました。昨年は新年どころではなかっただけに、ゆったりとした気分で正月を満喫しております。
元旦は特にすることもなく、ネットにもつなぐことなく、もうのんびりとテレビを見たり、子供たちと初売りに出かけたりと久しぶりの完全休日という状態で過ごしました。
一転今日は朝からネットにアクセスし、この記事を打っているのです。
昨年はいろいろと端末を手に入れては手放しの繰り返しで、相変わらずばかかしらと思う次第ではありますが、本年はじっくりとモバイル端末を使っていければいいなあと考えております。
新年に使ったモバイルガジェットはSL-C1000だけだったりします。
昨年末からちょこちょことザウルスに再び火を入れて環境整備をしつつ使っているのですが、あらためてザウルスの良さがわかってきました。
自分にとってはどのPDAよりも打ちやすいキーボード。マルチタスクによるアプリケーションの複数立ち上げが可能かつ、切り替えがスムーズ。大きな液晶サイズ。動画、静止画、音楽とAV系もそつなくこなすポテンシャル。
液晶サイズ、キーボードのおかげで本体サイズは大きく重かったりしますが、使いやすさとトレードオフですから、しかたがないところです。また、Macとの連携に関してPIMデータのシンクロは非常に敷居が高い上に失敗する可能性が高い(当方の環境)のが難点です。
PDAというよりも小さなPCという位置づけが正解かもしれないこのZAURUSですが、SL-C3200が最終モデルになりそうな気配がしているようです。今年度はSL-C3200獲得に向けて動いた方がいいのかもしれません。
スマートフォンは自分的にはまだまだの感がありますので、auのスマートフォンが発売されて検討していきたいと考えています。しかし、既存の携帯電話用のコンテンツを利用できないという点については導入を慎重にならざるをえません。非常に良く携帯用コンテンツを利用する今日この頃ですのでは、このあたりも懸案事項であります。
WILLCOM端末については京ぽん3待ちという状態です。Bluetoothが搭載されて、WX310Kよりも進化している端末に仕上がっているならば、機種変更を考えるつもりです。
MacはMacBookを手にすることができればいいなあと思いつつ、仕事上Windowsマシンも1台導入を検討しなければそろそろいけないので、これまた悩むことになりそうです。今使っているiBookG4が調子がよいとうこともあり、このG4がいかれるまで、またはバッテリがへたるまで使うという選択肢もあります。それほど、iBookG4は使い倒しているマシンです。
ともあれ、本年がスマートフォンを中心とした第2ステージになることは明らかなので、楽しみにしながら、手持ちのガジェットを使っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PDA
2480GADGET